キャッシングの審査審査基準とは

クレジットカードにおけるキャッシングの審査基準はどのように設定されているのでしょうか? 各クレジットカード会社では、信用情報機関の共有できるデータをもとに審査する基準と個別に規定された審査基準があると考えられています。

共有データでは過去の支払い状況やクレジットや消費者金融等の利用状況を勘案するようになります。 一方個別に設定されている審査基準については、基本的に非公開のブラックボックス担っている場合がほとんどです。

よって、明確な審査基準はわからないということになります。ある程度推察するとすれば、クレジットカードを申し込みする際の収入状況、 住居の状況などを総合的に判断して、利用者に支払い能力があるかどうかを判断しているのではないかということです。

ですので明確な審査基準というのは発表などされていません。ただ一つ言えるのは収入がなければキャッシングをすることはできないのです。 基本的に「総量規制」というのがあり、年収の1/3までしか借りることができません。

ということは、年収が100万円でしたら、キャッシング可能額は30万円までとなります。 しかし現実は年収100万円の方がキャッシングを30万円まで借りることが出来るか、となれば厳しいでしょう。借りれても20万円程度になるかもしれません。

なので年収は審査にも影響を及ぼしますので出来るだけ多い方がキャッシングの審査に通りやすいと言われてます。 そこで思うのが年収を少しごまかして審査を通りやすくする方法ですが、これは絶対にしてはいけないでしょう。虚偽申告となり最悪ブラックリスト入りする可能性もありますので、絶対に虚偽申告はしないようにしましょう。